暗い家
  • 暗い家
  • 暗い家
  • 暗い家
  • 暗い家
  • 暗い家
暗い家

暗い家
暗い家
「あんた誰…うちに何か用?」バレンタインデーの放課後、高崎かなこは告白をするため憧れの『佐伯先輩』の自宅を訪ねた。しかしそこには古く薄汚れた家屋があり、出迎えたのは『佐伯』と名乗る中年男。住所違いだとわかってその場を去ろうとするも、ここに来たが最後、ゴミだらけの家屋に引きずり込まれたかなこは無残にもその男に初めてを奪われてしまう。下着からのぞく無垢な柔肉を貫かれ、激しくナカを擦られる衝撃に朦朧としながらも助けを求めるかなこだったが、更なる悲劇が続き…!
褐色ギャルにヤり放題!-温泉宿で遭遇した5人のギャルを味くらべ!?-

憧れの彼女が妄想よりエロすぎるッ!
~お互いを知るにはまずセックスでイクことから!?~
「実は私…とってもエロエロなんです…」 ―――クラス1の文学美少女・江口千尋に片思いする巧は、当たって砕けろで大告白!! するとまかさの好意的なお返事が!…これはOK!?と思ったのもつかの間、実は彼女が読んでいたのはドスケベ官能小説だった!! 「これを読まないと何も分らないから…」 そう言って音読し始めると、俺の股間に手を伸ばしてチ〇ポを取り出し、たわわなおっぱいでシゴき出して…付き合うってそういうこと!? 憧れの彼女が妄想より天然で…エロすぎるッ!!

© コミなび