朝の満員電車で処女JKをどこまで開発できるのか
  • 朝の満員電車で処女JKをどこまで開発できるのか
  • 朝の満員電車で処女JKをどこまで開発できるのか
  • 朝の満員電車で処女JKをどこまで開発できるのか
  • 朝の満員電車で処女JKをどこまで開発できるのか
朝の満員電車で処女JKをどこまで開発できるのか

朝の満員電車で処女JKをどこまで開発できるのか
「こんな状況で乳首がコリコリに勃ってるよ」――清楚な処女JKに迫る卑劣な痴漢の魔の手。涙を流して必死にガマンする処女学生ちゃんを、強制的にじっくりと満淫電車で調教開発!周りの男達はみんな仲間で、恐怖で声を上げることができない…愛撫に反射的に反応する胸、濡れてしまったアソコに強力な媚薬を塗り込まれ、これまで経験したことがない快感が少女を襲う!!「このままじゃ本当に私おかしくなる…」言葉と指で、じっくりと愛撫・開発されたJKはついに快感に我慢できなくなり…!?
褐色ギャルにヤり放題!-温泉宿で遭遇した5人のギャルを味くらべ!?-

憧れの彼女が妄想よりエロすぎるッ!
~お互いを知るにはまずセックスでイクことから!?~
「実は私…とってもエロエロなんです…」 ―――クラス1の文学美少女・江口千尋に片思いする巧は、当たって砕けろで大告白!! するとまかさの好意的なお返事が!…これはOK!?と思ったのもつかの間、実は彼女が読んでいたのはドスケベ官能小説だった!! 「これを読まないと何も分らないから…」 そう言って音読し始めると、俺の股間に手を伸ばしてチ〇ポを取り出し、たわわなおっぱいでシゴき出して…付き合うってそういうこと!? 憧れの彼女が妄想より天然で…エロすぎるッ!!

© コミなび