女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。
女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。
  • 女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。
  • 女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。
  • 女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。
  • 女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。
  • 女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。
  • 女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。
  • 女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。
  • 女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。
  • 女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。
女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。
女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。
「気持ち良過ぎて腰が勝手に動いちゃう…!」トロトロのアソコに即ハメ!エロ過ぎる彼女とのセックスは止まらないっ!!――ボロアパートに住む俺の、唯一の癒しは若くて可愛い大家さん。だけど毎晩、上の部屋がうるさくて許せん!怒鳴りに行ったら、なんとこれまた可愛い(そしてエロそうな)娘が出てきて、つい許しちゃう俺!その晩、その娘を想ってオナッてたら、天井が軋む音がして…
女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。
褐色ギャルにヤり放題!-温泉宿で遭遇した5人のギャルを味くらべ!?-

憧れの彼女が妄想よりエロすぎるッ!
~お互いを知るにはまずセックスでイクことから!?~
「実は私…とってもエロエロなんです…」 ―――クラス1の文学美少女・江口千尋に片思いする巧は、当たって砕けろで大告白!! するとまかさの好意的なお返事が!…これはOK!?と思ったのもつかの間、実は彼女が読んでいたのはドスケベ官能小説だった!! 「これを読まないと何も分らないから…」 そう言って音読し始めると、俺の股間に手を伸ばしてチ〇ポを取り出し、たわわなおっぱいでシゴき出して…付き合うってそういうこと!? 憧れの彼女が妄想より天然で…エロすぎるッ!!

© コミなび